UA-39359574-1


写真は佐渡ロングライド210、毎年5月に開催されています。佐渡1周210km
2016年はミドルコース(130km)2017年・2018年はロングコース(210km)に参加しました。

特定健診・がん検診を受診していますか?

 富山市の特定健診・がん検診は5月15日〜12月28日(2018年度)おこなわれます。富山市役所からの受診票は5月連休明けに発送とのことです。
 毎年当院でも多数の方が受診されますが、生活習慣病やがんと診断される方が多くおいでます。なかには検診を受けていなかったばかりに厳しい状況で発見される方もおいでます。

 生活習慣病やがんの早期発見は、高齢になっても健やかな生活を送るためには大事なことと思います。せひ健康診断や検診の年1回の受診をお勧めします。


脳出血の頭部CT

特定健診

特定健診は生活習慣病の診断を目的とした検診です。かつての小泉内閣の時にいわゆる一般的な検診から生活習慣病を目的とした検診に変わり、腹囲を測定するようになるとともに、検査項目が削減されました。

生活習慣病の健診は将来の脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)や虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)だけでなく、認知症の発症にも大きく関与していると言われており、重要な健診です。


胃がん(上部消化管内視鏡)

食道がん(上部消化管内視鏡)

胃がん検診

富山市の胃がん検診は胃内視鏡(上部消化管内視鏡)もしくは胃透視(バリウムを飲む検査)でおこなわれています。胃がんはかつては日本人にとって非常に多いがんでしたが、ヘリコバクターの保菌者の減少とともに、胃がんも少なくなりつつあります。
胃がん検診では喉頭部・食道・十二指腸上部を観察します。

当院では胃内視鏡(経口)のみを実施しております。胃の中を十分に検査するために高解像度の内視鏡を使用しており、そのため口からの内視鏡検査となります。一般的に鼻からの経鼻内視鏡による検査の方が楽な検査と言われていますが、内視鏡が細い分、最新型の経口高解像度内視鏡に比べて解像度が落ちます。
富山市からの検診の案内には経鼻内視鏡のできる施設が明示されていますので、ご希望に合わせて受診してください。


肺がん

肺がん検診

肺がん検診は胸部レントゲン写真を撮影し診断します。
もし異常があれば総合病院等へ依頼し、胸部CTを撮影します。
最近肺がんの発見が増えています。また、胸部CTの精度が上がり、まだ癌か良性病変かの判断がつかないような軽度の病変が見つかることも多くなっております。
残念ながら長期間検診を受診されておらず、発見したときにはかなり進行している場合も多く見受けられます。楽な検査ですので必ず年1回は受診するようにお勧めします。


大腸がん(S状結腸癌)

大腸がん検診

大腸がん検診は検便(便中ヒトヘモグロビン検査2日法)でおこないます。
検便を2日間連続で採取し、その中のヒトヘモグロビン濃度を測定します。大腸がんも日本人に増えているがんです。
もし陽性であれば、何らかの病気がある可能性があると判断されますので、大腸の検査をおこなうことになります。
写真は過去に当院でおこなった大腸内視鏡で発見された癌ですが、現在は当院では大腸内視鏡をおこなっておりません。そのため検査をおこなう医療機関へ紹介させていただきます。

2019年4月27日更新


ページトップへ

富山市の検診の案内

2018年5月15日〜12月28日まで検診が行われます。検診の案内は5月連休明けに富山市より発送予定です。
対象は国民健康保険の被保険者や健康保険加入者の家族などです。健康保険加入者は加入する健康保険制度より案内があります。

↓ クリックすると富山市役所のHPに移動します。
富山市がん検診・節目検診
富山市 健康診査

主要死因別死亡率



主要死因別死亡率で見ると、圧倒的に癌が多くなっています。がん検診は健康寿命を考える上でも、重要な要素と思います。

※当院通院歴のない75才以上の高齢者の胃がん検診は受け付けておりません。

胃がん検診(上部消化管内視鏡)は身体への負担のある検査であり、医療安全の観点から当院通院歴のない75才以上の高齢者の方は受け付けておりません。検査の安全確保の点から、高齢者においてはかかりつけ医にご相談ください。また、75才未満であっても安全のためにお断りすることがあります。